医療法人伯鳳会 東京曳舟病院

  • 背景色
東京都墨田区東向島二丁目27-1 TEL:03-5655-1120 FAX:03-5655-1121

東京都墨田区東向島二丁目27-1

03-5655-1120

HOME > 診療科・部門 > 循環器科

診療科・部門

department

循環器科

~より急性期心疾患に対応~

診療内容

当科は心臓に特化し、より急性期心疾患に対応した科として名称を「循環器内科」から「循環器科」と変更致し今まで当院で対応できなかった、緊急治療を要する急性心筋梗塞や不安定狭心症に対する心臓カテーテル検査/治療、うっ血性心不全の急性期治療を積極的に対応致します。

常勤医師紹介

唐原 悟
役職  :循環器センター・循環器科 部長
出身校 :獨協医科大学
【主な認定資格】
医学博士
日本循環器学会 認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)専門医
獨協医科大学越谷病院 循環器内科 非常勤講師

岡安 智道
役職  :循環器センター・循環器科 医長
出身校 :鹿児島大学
【主な認定資格】
日本循環器学会 認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)専門医

~当科の特徴~

「24時間365日緊急心臓カテーテル対応」

夜間・休日問わず24時間365日、緊急治療を要する急性心筋梗塞や不安定狭心症に対する緊急心臓カテーテルに対応致します。

「より低侵襲で質の高い治療とチーム医療」

当院では治療の難易度に関わらず、可能な限り橈骨動脈(患者さまの手首の血管)からカテーテル検査及び治療を行なっております。患者様に負担の少ない橈骨動脈からの治療だからといって、大腿動脈(鼠径部)からの治療より成績が劣ることはない、質の高い治療と自負しております。当院循環器科部長唐原が開発したRU375(NIPRO社)や研究に関わったφワイヤー(Medikit社)は、橈骨動脈からの治療により特化したデバイスで、優れた治療成功率の維持に貢献しております。
当カテーテル検査室のスタッフは「医師」「看護師」「放射線技師」「臨床工学技士」「医師事務」の5職種で構成されており、個々がプロフェッショナルです(医師は日本心血管インターベンション治療学会専門医、看護師はインターベンションエキスパートナースもしくは診療看護師、放射線技師は日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師の資格をそれぞれ取得しております)。また、個々のスキルのみではなく、互いに連携をとることでチームとしても高い医療レベルを維持しております。 今後も全国の学会や研究会に、チームとして積極的に参加し、それぞれのジャンルで最先端の情報を共有し、それを患者様に還元してまいります。

地域医療の活性化

治療の主役は我々ではなく患者さまです。そのためには病気と闘う患者さまにはより高い知識を持って頂き、「お医者さん任せます」ではなく、「より良い治療を選択します」に思考を変えて頂く必要があります。我々は定期的に施設や市民会館に出向き医療講演を行うことで、患者さまと一緒に、この地域での医療の質向上を目指しております。また、我々の大先輩でもある開業医の先生方との医療連携にも力を入れております。

【活動・講演内容】
・2019年10月21日 「市民講座 あなたの血管は、既に動脈硬化を起こしています」

主な取り扱い疾患

狭心症、心筋梗塞、急性冠症候群、心不全、不整脈、弁膜症、心筋症、心筋炎、心膜炎、感染性心内膜炎、肺塞栓症、深部静脈血栓症

主な症状

胸痛、動悸、むくみ、失神、めまい、息切れ等

非常勤医師紹介

山名 孝治
イムス葛飾ハートセンター
田中 一樹
東京女子医科大学 循環器内科
中澤 まゆい
東京女子医科大学 循環器内科
石井 庸介
日本医科大学 附属病院 副院長
田辺 友暁

循環器科

診察室6
午前 石井 唐原 中澤 栗田 唐原 清水(1,3週)
午後 田辺 唐原 中澤 岡安 岡安 清水(1,3週)

※田辺医師 月曜午後 17:00 受付終了
※唐原医師 火曜午前 10:00 診察開始
※栗田医師 木曜午前 11:30 受付終了

赤字の医師は完全予約枠です。外来案内にお問い合わせ下さい。
ご来院の際は、「休診情報」をご確認の上お越しください。

TOP