平成28年度 医療法人伯鳳会東京曳舟病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 20 86 113 189 254 472 706 771 279
高齢化の影響で60歳以上の患者様が7割以上占めています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
※「診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5件まで)」について、本指標はDPC対象病院が作成している【Dファイル】と呼ばれるデータより集計されるが、当院は平成28年時点でDPC準備病院であり【Dファイル】を作成していない為、本病院指標の規約上に基づき当該指標は掲載しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 27 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では大腸癌の症例が最も多く再発の件数も多いですが、化学療法による繰り返し入院が相当しています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.00 52.40
中等症 59 18.44 81.20
重症 14 24.50 84.00
超重症 54 25.74 83.24
不明
市中肺炎では高齢であるほど重症度が高い傾向にあります。人工呼吸器を使用する場合もありますが、抗生剤の使用で軽快されています。なお、誤嚥性肺炎は集計に含めません。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 23 7.35 73.83 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 204 23.31 74.23 46.41
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の3日以内に発症したものがほとんどを占めています。また意識消失による入院もあり、原因を探る検査や症状を見るための短期間入院も数件あります。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 15 5.60 6.53 6.67 73.73
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K5492 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症)
K597-2 ペースメーカー交換術
K654 内視鏡的消化管止血術
狭心症による経皮的冠動脈手術が上位を占めています。入院期間も短く、術後は症状が改善し退院される方が多いです。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 100 5.50 21.08 42.00 81.01
K0811 人工骨頭挿入術(股) 47 5.70 21.55 68.09 80.89
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 29 2.59 7.17 6.90 55.00
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 25 2.28 4.92 4.00 68.56
K0462 骨折観血的手術(下腿) 23 2.65 10.52 4.35 65.13
高齢化に伴って、下肢に対する骨折観血的手術が多くなっております。術後の自立度を上げるため、リハビリテーション病院への転院も多くなっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 2.36 23.68 22.73 75.86
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 5.08 24.54 38.46 60.23
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 13 15.31 17.08 46.15 75.15
K664 胃瘻造設術
K178-2 経皮的脳血管形成術
最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。高齢者の方が軽微な外傷を負って時間がたってから認知症状や歩行障害が出現後に硬膜下に溜まった血腫を吸引し洗浄除去する手術です。血管内手術も積極的に行っています。術後の自立度を上げ社会復帰ができるように、リハビリテーション病院への転院も行っております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 59 1.03 14.80 11.86 71.39
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.23 3.73 0.00 60.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 5.67 6.17 0.00 69.08
K681 胆嚢外瘻造設術 11 1.73 40.55 36.36 81.27
K6335 外鼠径ヘルニア根治[1側]
緊急時の消化管止血術が多くなっております。腹腔鏡下手術にも力を入れており、件数が増加しています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 14 0.48
180010 敗血症 同一
異なる 19 0.66
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 19 0.66
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
この指標にある病態は臨床上なくなるものではありません。
主に重症感染症で救急搬送された患者さんが重篤化し発生しております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
更新履歴
平成29年9月28日
平成28年度 医療法人伯鳳会 東京曳舟病院 病院指標を公開。